スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. Posted by スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

「音楽の力による復興支援」 東日本大震災チャリティコンサートが開催されました

2011年9月19日(月・祝)、港南区民センターひまわりの郷にて、国際ロータリー2590地区財団学友による東日本大震災チャリティコンサート「音楽の力による復興支援」が開催されました。

PIC_0136.jpg

コンサートの趣旨にご賛同頂いた計300名近い方々にお集まり戴き、盛況なコンサートとなりました。

PIC_0088.jpg  
上澤ガバナーより冒頭のご挨拶

第一部のファミリーコンサートでは、「いつの時代も子どもを思うおとながいた」というサブタイトルで将来の日本を担う子どもたちへの想いを込めて、子どものために書かれた様々な日本の曲が演奏されました。

PIC_0091.jpg
『わらべうたメドレー』ヴァイオリン・大堀由美子さん

PIC_0109.jpg
『荒城の月』テノール・志摩大喜さん

PIC_0112.jpg
『赤とんぼ』ソプラノ・こばたけエマさん

PIC_0114.jpg
『五木の子守唄』フルート・吉田祐美さん

PIC_0120(1).jpg
『リンゴの唄』ソプラノ・孫田愛子さん

PIC_0124.jpg
『東京の花売り娘』テノール・辻康介さん

PIC_0134.jpg
第一部は、演奏者と観客との『ふるさとの四季』の合唱で締めくくられ、会場全体があたたかい空気に包まれました。

第二部「世界の名曲シリーズ~世界はつながっている~」では国境を越えたあたたかい支援への感謝の想いを胸に、世界の名曲が演奏されました。

PIC_0145.jpg
J.S.バッハ『トリオソナタハ短調BWV1079より第1楽章』
ヴァイオリン・大堀由美子さん、フルート・吉田祐美さん、ピアノ・南日美奈子さん

PIC_0152(1).jpg
G.ヴェルディ『女心の歌(歌劇〈リゴレット〉より)』 
テノール・志摩大喜さん、ピアノ・南日美奈子さん

PIC_0157.jpg
G.プッチーニ『ある晴れた日に(歌劇〈蝶々夫人〉より)』
ソプラノ・こばたけエマさん、ピアノ・南日美奈子さん

PIC_0159(1).jpg
A.アダン『モーツァルトのきらきら星変奏曲』
ソプラノ・孫田愛子さん、フルート・吉田祐美さん、ピアノ・南日美奈子さん  

PIC_0163(1).jpg
E.サティ『ジュ・トゥ・ヴーより』  
ピアノ・南日美奈子さん

PIC_0169(1).jpg
F.スッペ『ベアトリ姉ちゃん』
テノール・辻康介さん、ピアノ・南日美奈子さん
ソプラノの孫田さんとのパフォーマンスとともに

PIC_0176.jpg
F.レハール『メリー・ウィドウより』 
出演者一同

P1030369(1).jpg

会場にお越し頂いた皆様、どうもありがとうございました!


本コンサートには、神奈川県安全防災局災害対策支援担当部支援調整課「かながわ避難者見守り隊」のご協力を得て、神奈川県に避難されている被災者の方々をご招待しました。ご協力戴いた関係者の皆様に心より感謝申し上げます。

また、仙台フィルハーモニー管弦楽団「音楽の力による復興センター」事業への義援金募金は、9月30日(金)をもちまして、受付を終了致しました。本コンサートの趣旨にご賛同戴き、ご寄付をお寄せ頂いた皆様に深く御礼申し上げます。

●募金合計額
185万0772円

お預かりした募金は全額、仙台フィルハーモニー管弦楽団「音楽の力による復興センター」事業に寄付致します。10月4日(火)には、学友会代表が仙台フィルハーモニー管弦楽団・大澤隆夫専務理事に目録を届けました。今後、被災地でのコンサート開催など、音楽を通じた復興支援に役立てられます。

また、本コンサートの開催にあたり、仙台フィルハーモニー管弦楽団正指揮者・山下一史様より、パンフレットに挨拶文をご寄稿頂きました。ご多忙の中、ご協力をご快諾戴きましたこと、この場を借りて、感謝申し上げます。

mokuroku1.jpg
仙台フィル・大澤専務理事(右)に目録を手渡す学友の吉田さん(左)

最後に、開催にあたり、国際ロータリー第2590地区および数多くのロータリークラブ、ロータリアンの方々にご協力・ご尽力戴きました。ここに厚く御礼申し上げます。


================================
第8回国際ロータリー2590地区 財団学友によるチャリティ音楽会
「音楽の力による復興支援」東日本大震災チャリティコンサート
主  催:国際ロータリー第2590地区財団学友会
後  援:国際ロータリー第2590地区

出演者(2590地区学友有志):
吉田祐美(フルート)、こばたけエマ(ソプラノ)、南日美奈子(ピアノ)、孫田愛子(ソプラノ・司会進行)

ゲスト出演者:
大堀由美子(ヴァイオリン・2640地区)、辻康介(テノール・2780地区)、志摩大喜(テノール・2780地区)

スタッフ (2590地区学友有志):
荒川麻衣子 荒木慎也 浦野郁 鈴木鉄忠 孫田愛子 西祐美 間野優梨 
安川智子 荒木裕美子 金光真理子 後藤ちしを 迫田まゆ 菅野素子 
玉田恭子 柳澤明良 仲田絵美

================================


スポンサーサイト

  1. 2011/10/10(月) 21:21:52|
  2. Posted by 学友会からのお知らせ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント(-)

チャリティコンサートのお知らせ

☆このコンサートは終了いたしました☆
☆ご来場いただいたみなさま、ありがとうございました☆


「音楽の力による復興支援」
東日本大震災チャリティコンサートのご案内


 日時: 2011年9月19日(月・祝) 開演 14:00 (開場 13:30)
 会場:  港南区民センター ひまわりの郷 (最寄り駅:上大岡)
     〒233-0002 横浜市港南区上大岡西1-6-1 ゆめおおおか中央棟4階
      電話:045-848-0800
     アクセス:(地図はこちら
     http://www.himawari-sato.com/modules/access2/
         ・京浜急行  上大岡駅下車 
        ・横浜市営地下鉄 上大岡駅下車
  入場料: 無料 (要事前申込・全席自由) 


 詳しくはパンフレットをご覧ください。(クリックすると拡大します)
表面→2011charity01.gif 裏面→2011charity02.gif


Twitter: https://twitter.com/#!/R2590_concert

☆お座席のお申し込みはこちらへ☆ (入場無料・要事前予約)
Eメール:rotaryconcert2011 (at) googlegroups.com
※迷惑メール防止のため、「(at)」を「@」に変換の上、送信ください。



■コンサート主催者より■
 
3月11日、東日本大震災は未曾有の被害をもたらしました。そのあまりの惨状に私たちは言葉を失い、そして音楽を奏でることも忘れてしまいました。しかし、復興へと向かい始めている今、音楽の力が必要とされています。傷ついた心を癒す音楽、再生の道を歩き始めた人々を勇気づける音楽、そして人と人を繋ぐ音楽・・・。

私たち国際ロータリー第2590地区学友は、被災者へ直接音楽を届ける活動をしている「音楽の力による復興支援センター」を応援しようと、チャリティーコンサートを企画しました。一人でも多くの方々と共に音楽の力を感じ、そのエネルギーを被災地に届けたいと思います。

お誘い合わせの上、ぜひお越しください。
皆様のご来場を心よりお待ちしております。


■出演者紹介■
吉田祐美(フルート)
こばたけエマ(ソプラノ)
南日美奈子(ピアノ)
大堀由美子(ヴァイオリン・ゲスト出演)
辻康介(テノール・ゲスト出演)
志摩大喜(テノール・ゲスト出演)
孫田愛子(ソプラノ・司会進行)

■ プログラム■

第一部 
ファミリーコンサート 
~いつの時代も子どもを思うおとながいた~

「わらべうたメドレー」「荒城の月」「赤とんぼ」「五木の子守唄」ほか

第二部 
世界の名曲シリーズ 
~世界が日本を思っている~

「バッハ / トリオ・ソナタ」「アダン / きらきら星変奏曲」「モンティ / チャルダーシュ」ほか


■義援金のお願い■

当コンサートにて集められた義援金は、仙台フィルハーモニー管弦楽団が中心となり、 宮城県、岩手県、福島県などの避難所を訪ねてのコンサートをボランティアで行う団体、 「音楽の力による復興支援センター」に寄付されます。

当日、会場に来られない方でも、義援金のみのご協力も受け付けております。本コンサートの趣旨にご賛同頂ける場合は、ぜひご協力頂きますようお願い申し上げます。

「過去の災害や戦争によって人々の心が深く傷ついたとき、それに大きな癒やしと再生の力を与えたもののひとつが音楽であることは、数多くの歴史の現場で実証されています。そこで、私たちは、こうしたときであればこそ、被災地域に音楽を直接お届けすることにより、災害の犠牲者を鎮魂し、ご家族や生活を失われた人々を癒し、そして、地域再生のための希望の灯をともすことに全力を挙げていこうと決意いたしました。」
― 仙台フィルハーモニー管弦楽団ホームページより

仙台フィルハーモニー管弦楽団/音楽の力による復興センター
http://www.sendaiphil.jp/news/index.html#news110328

センターによるこれまでの活動
http://www.sendaiphil.jp/report/index.html

<振込先>
入金先:国際ロータリー第2590地区財団学友会 
新生銀行 本店 
普通預金 2042182 
口座名義 マノユウリ


================================
第8回国際ロータリー2590地区 財団学友によるチャリティ音楽会

「音楽の力による復興支援」
     東日本大震災チャリティコンサート

主  催:国際ロータリー第2590地区財団学友会
後  援:国際ロータリー第2590地区

お問い合わせ: 
080-3717-1684 
rotaryconcert2011 (at) googlegroups.com
※迷惑メール防止のため、「(at)」を「@」に変換の上、送信ください。

================================



  1. 2011/09/01(木) 08:28:41|
  2. Posted by イベント情報|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント(-)

2590・2780地区 国際親善奨学生壮行会

6月25日、横浜県民ホール6階、英一番館にて国際ロータリー2590地区・2780地区学友会合同で国際親善奨学生壮行会を開催しました。

2011soukoukai01

今年度も多数の学友とロータリアンの方々が、これから留学する新しい奨学生の応援に駆けつけて下さいました。


2011soukoukai02

2590地区の新奨学生のみなさん

2011soukoukai03

2780地区の新奨学生のみなさん



壮行会終了後は、例年通りローズホテル横浜1階の
ミリーラフォーレに移動し、二次会を行いました。
こちらも20名程の方々に参加していただき、楽しいひとときでした。

2011soukoukai04
左から今年で任期が終わる山室委員長、高木委員長、鶴岡委員長。長年にわたり奨学生の事業を支えて下さって本当に有り難うございました。

壮行会の準備段階から大変お世話になったロータリアンの方々、柔軟な対応をしてくださる英一番、ミリーラフォーレの皆様、そして様々な形でお手伝いをしてくださる学友会の皆様に、この場を借りてお礼申し上げます。


  1. 2011/06/27(月) 08:10:09|
  2. Posted by 学友会からのお知らせ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント(-)

国際親善奨学生の壮行会

今年もロータリー2590地区と2780地区の合同で壮行会を行います。ロータリアン・学友の皆様のご来場をお待ちしております。

日時:6月25日(土曜日)15:30 受付開始 16:00壮行会開始 18:30頃終了予定 そ
の後二次会がございます
場所:英一番館(県民ホール6F)
〒231-0023 神奈川県横浜市中区山下町3-1 県民ホール6F
電話:045-662-5446
アクセス:http://www.eiichibankan.co.jp/access.html
参加予定:新奨学生と顧問ロータリアン、学友関連ロータリアン、学友会メンバー
会費:無し(学友会費にて負担)


  1. 2011/06/08(水) 08:03:50|
  2. Posted by イベント情報|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント(-)

2011年度江ノ島オリエンテーション

Enoshima2011-1.jpg


2月19-20日、江ノ島女性センターにて、新奨学生向けのオリエンテーション合宿を開催しました。このオリエンテーションは、毎年、国際ロータリー第 2780地区及び2590地区が合同で行うもので、両地区の学友会が主体的に準備し、当日の進行を行っています。今年もたくさんの方にご参加いただき、ロータリアン・学友計50余名の参加がありました。この場をお借りして、参加者の皆様に御礼申し上げます。

Enoshima2011-2.jpg



2日間に渡って、新奨学生・カウンセラーのためのガイダンス、新奨学生による模擬卓話、元国際親善奨学生(現学友)による帰国報告、地域別・国別オリエンテーション、留学中・留学後の国際親善奨学生の役割に関するセミナー等、様々なプログラムが行われました。本オリエンテーションの準備を中心的に行ってくださった2780地区の学友会の皆様、本当にありがとうございました!

Enoshima2011-3.jpg

本年度は新機軸(?)として、卓話の制限時間10分を超えたら氷水の中に手を突っ込みながら話さなければならないという罰ゲームを取り入れました。仲間の学友が某学会でこのようなルールを実施しているのを見て、ロータリーでも持ち時間は厳守しなければならない!とやってみたのですが、冷たさに耐えながら話し続けるのはとってもつらいようで、みなさん苦戦してました。

Enoshima2011-4.jpg

奨学生のみなさん、この体験を糧にして、留学先でもしっかり時間内にスピーチしてきてくださいね!

Enoshima2011-05.jpg

それから、会場では2780地区の学友がコーヒーを販売していました。いま2780地区ではインドネシアのアチェに図書館を建てるための活動を展開していて、このコーヒーの収益もアチェの支援に役立つことになります。アチェ支援の内容は、以前のチャリティコンサートの記事をご覧下さい。ちなみにこのコーヒーは豆から厳選していてとってもおいしいんです。通販などはやっていないみたいですが、ロータリー関連のイベントで見かけたら、ぜひともおすすめします。


  1. 2011/02/20(日) 15:31:17|
  2. Posted by 学友会からのお知らせ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント(-)
09月 « 2017年10月 » 11月
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。